大日本茶道学会

活動内容

歴代の受賞者・受賞著作/論文

【歴代の受賞者・受賞著作】


年度 対象著作および論文 対象者名
平成30 「茶の湯空間の近代 -世界を見据えた和風建築」(思文閣出版) 桐浴 邦夫
平成30 「松平不昧 名物に懸けた大名茶人」(宮帯出版社) 木塚 久仁子
平成29 「利休の生涯と伊達政宗-茶の湯は文化の下剋上」(河原書店) 生形 貴重
平成29 「日本茶の近代史 幕末開港から明治後期まで」(蒼天社出版) 粟倉 大輔
平成28 「茶の湯とイエズス会宣教師-中世の異文化交流」(思文閣出版) スムットニー 祐美
平成27 「番茶と庶民喫茶史」(吉川弘文館) 中村 羊一郎
平成26 「根津青山『鉄道王』嘉一郎の茶の湯」(宮帯出版社) 齋藤 康彦
平成26 「西鶴の文芸と茶の湯」(思文閣出版) 石塚 修
平成25 著書:千一翁宗守 宗旦の子に生まれて(宮帯出版社) 木津宗詮
平成25 著書:近代の『美術』と茶の湯‐言葉と人とモノ‐(思文閣出版) 依田 徹
平成24 茶の湯と音楽(思文閣出版) 岡本文音
平成23
平成22 茶の湯と筑前(海鳥社) 松岡博和
平成21 小堀遠州の茶会(柏書房) 深谷信子
平成20 東西交流の陶磁史(中央公論美術出版) 西田宏子
平成19
平成18 織豊期の茶会と政治(思文閣出版) 竹本千鶴
平成17 公家茶道の研究(思文閣出版) 谷端昭夫
平成16
平成15 細川三斎 茶の湯の世界(淡交社) 矢部誠一郎
塗物茶器の研究(淡交社) 内田篤呉
平成14 懐石の研究 わび茶の食礼(淡交社) 筒井紘一
茶の湯の科学入門(淡交社) 堀内國彦
平成13 利休の逸話と徒然草(河原書店) 生形貴重
井伊直弼 修養としての茶の湯(創文社) 谷村玲子
平成12 茶の香り研究ノート(光生館) 川上美智子
平成11 君台観左右帳記の総合研究(勉誠出版) 矢野 環
平成10 速水宗達の研究(吉備人出版) 神原邦男
日本喫茶世界の成立(ラ・テール出版局) 山田新市
平成9 上越の茶の湯(北越出版) 平丸 誠
平成8
平成7 千利休の創意-冷・凍・寂からの 飛躍(角川書店) 矢部良明
茶会記の風景(河原書店) 谷 晃
平成6 千利休の美学(平凡社) 戸田勝久
平成5 天下一名人-千利休(淡交社) 米原正義

活動内容