大日本茶道学会

【お知らせ】公開講座 世界茶文化学術研究会議「岡倉天心と茶の本」において、仙堂会長が講演を行います

平成30年4月24日(火)~25日(水)、ふじのくに茶の都ミュージアムにて
公開講座 世界茶文化学術研究会議「岡倉天心と茶の本」が開催されます。

日中の研究者7名の発表が行われる中、
仙堂会長は「東洋哲学とTeaism」と題した講演を、24日(火)の14時から行います。

詳細はこちら
⇒ふじのくに茶の都ミュージアム

 

「茶の本」は、1906年(明治39年)に岡倉天心がニューヨークで出版した英文の茶の湯論です。
東洋思想を背景に壮大な世界観を持って茶の湯を論じ、今でも茶の湯を考える上で、示唆に富む名著です。
この東洋の伝統精神文化を解いた名著を日本と中国を代表する茶文化の研究者が探求します。

お知らせ