大日本茶道学会

【お知らせ】「水仙1本入れ」動画公開

大日本茶道学会の創始者・田中仙樵は『茶花講義録』を著し、茶席の花入に対しての考え方を明らかにしています。
その理論に則り、床の間に入れる花の規範を伝えています。

なかでも水仙は、葉を扱う特殊なもので、水仙のもつ本来の葉の美しさと、その姿を活かした扱いは、ぜひ覚えていただきたい入れ方です。

水仙の入れ方は4種類ありますが、水仙のみで入れる入れ方を紹介します。

参考図書:田中仙融著 『茶花の宇宙』 中央公論社刊

お知らせ