大日本茶道学会

【お知らせ】「帛紗捌きで上を目指す」動画公開

帛紗捌きには真の扱い、行の扱い、そして草の扱いがあります。

一番最初に習うのが草の帛紗捌きですが、形を覚え、手付きを修得しただけでは十分ではありません。
点前の中での役割に応じて扱えるようになることが目標です。

そのためには「目に立たない」所作を心がけたいと思います。

いつもとは違った稽古のポイントをお伝えします。

お知らせ