子どもたちに茶道を

学校茶道へのとりくみ
茶道の素晴らしさを将来に亘って伝えていくためには、子供たちが茶道に接する機会を提供していくことが重要となります。茶道に触れることで、子供たちが、「礼節の大切さを知る」「人に対するおもいやりの気持ちが持てる」「物を大事に扱う」ようにもなります。茶道を学ぶことは、単に点前の技術を身に付けるだけではなく、子供たちの心が感性豊かに、すくすくと育まれるという点において、大きな効果をもたらします。

学校茶道プロジェクト
学校で茶道を指導するかたたちの為のプロジェクト 「学校茶道」を推進するためには、人材の育成が欠かせません。三徳庵では、大日本茶道学会の教授資格を保有し、学校教育の場で活躍している方々を中心メンバーとして、「学校茶道プロジェクト」を展開しています。
このプロジェクトでは、学校茶道に関心のある方々が集まり、学校茶道の指導者のための講習会を開催し、学校に茶道を導入する際の対応法を検討したり、指導書を制作するなどして、常に新しくステップアップしたテキストを配布しています。
三徳庵は、大日本茶道学会の教授者を全国各地の学校に派遣したり、必要な道具類やテキストを提供することで、学校茶道への援護を惜しまず、大日本茶道学会茶道の理念と役割を理解して頂けるよう努めています。全国規模でのネットワークづくりなど学校茶道に関するお問い合わせは、三徳庵「学校プロジェクト」事務局(TEL:03-5379-0753)までお願いたします。

「東京都の教育委員会発行の冊子に学校茶道プロジェクトが紹介されました」