子どもたちに茶道を

学校許状

三徳庵では、昭和45年から学校許状の制度を採用しています。これは、大日本茶道学会の「入門」と「小習」という二つの段階の許状を、子供たちに無償で授与するというものです。すでに100校以上の生徒たちに発行しています。
学校長と学校での茶道指導者が連名で三徳庵に申請していただくことで、許状の交付を受けることができます。これらの許状は、一般の許状と同等の資格として扱われます。許状を手にすることは、子供たちが学校で茶道を学んだことの達成感とともに自信をもたせられると考えます。
また、「学校許状」以外にもお茶と接した経験に応じて、茶道指導者からの申請で「修了証」の発行も行っております。「許状」のような資格とは異なりますが、お茶を学んだ自覚を促したいと考えております。
「許状」「修了証」の申請方法などに関する詳細は三徳庵事務局(03-5379-0753)まで
お問い合わせください。 メールでのお問い合わせはこちら